洗剤 アレルギー
脇の黒ずみ
 トップページ > 洗剤とアレルギー   トップ トップページ 
洗剤とアレルギー性皮膚炎

洗剤アレルギーあなたは、脇の下に黒ずみがありませんでしょうか。そしてその黒ずみは、赤み、かゆみを伴っていませんか?

もし、そのような症状なら、皮膚科を受診した方が良いかもしれません。

繊維に残った洗剤、デオドラント剤、そしてファンデーションなどが原因でアレルギー性皮膚炎を起こしているかもしれないからです。

アレルギーとは本来、人間が持っている身体の外敵への防御プログラムが、無害なものに反応してしまって起こる過剰防衛です。

アレルギーを起こす原因をアレルゲンと言いますが、血液検査等で判断できます。

治療は、アレルゲンとなった物質の除去から始まり、体質改善、抗アレルギー薬、コールドクリームの使用などが主体となります。悪化するとステロイド薬などを使うことになりますから、ご注意くださいね。

また、お洗濯の際は洗った後に匂いが離れていてもわかるぐらいにするのならば、洗剤の使い過ぎ、もしくはすすぐ残しです。

気になる部分は重曹をつけて歯ブラシで叩いてから洗濯機に入れましょう。

コースも繊維にあわせて選んでくださいね。毛羽立ってほしくない衣類は洗濯ネットをお使いになるとよろしいです。

脇の場合、盲点となるのが女性のお胸元の下着。肌にあたる部分の繊維にスリット糸等が使われていてほつれていませんか。

下着は同じものを使い続けず、定期的に取り換えるようにいたしましょう。

また、必ず体に合ったサイズのものを身に着けるようにしてくださいませ。今黒ずみが起きている方も、起きていない方も、お洗濯やアレルギーの知識を身に着けることが肝要です。



 
脇の黒ずみ 治し方
 黒ずみの原因
 黒ずみの洗い方
 おすすめ石鹸
 間違った無駄毛処理
 保湿と黒ずみ
  ワキガに香水
 洗剤とアレルギー
 古い化粧品の使用
 冬の脇のお手入れ
<< ワキガに香水 │ 脇の黒ずみトップ │ 古い化粧品の使用 >>  
特定商取引に基づく表示